葉酸は不妊に効果ある?妊活中の方が妊娠しやすくなるには

妊娠希望の方の多くが、サプリなどで葉酸を取る方が増えています。

 

葉酸をとると不妊に効果があるのでしょうか?

 

葉酸の働きなどから、妊娠しやすい栄養素などについて
ご紹介します。

 

葉酸の働き・効果とは?

 

葉酸は、水溶性ビタミンの一種で、DNA合成や細胞の生成に
働きかけ、細胞が活発化し、粘膜や貧血などの改善をします。

 

また、葉酸は、赤血球の生成を補助する栄養素で、
造血のビタミンとも呼ばれ、動脈硬化などの予防をします。

 

葉酸は、細胞の分裂・合成などを助ける働きがあるため、
妊娠初期の胎児の先天性異常・神経管閉鎖障害などのリスクを減らします。

 

妊娠を計画している場合、妊娠前から葉酸をとることによって、
胎児の先天性異常のリスクを減らすことができます。

 

多くの妊婦さんの場合、妊娠7週くらいにならないと、病院で妊娠判定ができないです。

 

しかし、妊娠7週では胎児の神経や脳を作り出しているときなので、
病院に行って妊娠が分かってからでは、先天性異常のリスクを排除できないです。

 

そのため、妊娠計画をしている方は、妊娠前から葉酸を通常より
多く摂るようにして頂きたいです。

 

不妊は葉酸に効果ある?

 

葉酸が不妊に直接的に効果があるかというと、
医学的には、直接の効果は認められていません。

 

ですが、粘膜の細胞などが活性化することや、
健康な赤血球が出来れば、栄養が体のすみずみまで行き渡り、
子宮などにも栄養がいきやすくなります。

 

不妊は、子宮の働きが良くないことが原因になることもあるので、
葉酸を意識的にとると、よいかもしれません。

 

葉酸は生きていくのに必要な成分のため、
バランスのとれた食生活の中で取って行きたいです。

 

葉酸は食品から取りづらい?

 

葉酸は、ほうれん草、焼き海苔、モロヘイヤなどに
多く含まれます。

 

葉酸は、水溶性で水に溶けやすく、熱で壊れやすい
特徴があります。

 

そのため、野菜などの調理中、加熱時に多くが
壊れてしまい、食事として食べるときにはかなり
なくなっていることが多いです。

 

そのため、最近では、サプリメントでの葉酸取得を
推奨しています。

 

サプリメントには、葉酸だけでなく、マルチビタミン・ミネラル分が
取れるようになっているものが多く、妊活時に
栄養バランスの良い生活が出来るものが多いです。

 

サプリメントを飲むときは、葉酸のとりすぎには注意してください。

 

不妊の原因の半分は男性

 

不妊で妊娠できない原因の1つに男性側の影響もあります。
不妊カップルの半分は、男性側にもあると言われています。

 

病院にいっても不妊の原因が分からない時は、
男性側の生殖機能を上げると妊娠することもあります。

 

そこで男性側の生殖機能を上げる栄養素としては、
亜鉛とビタミンAがあります。

 

男性側は、毎回室が変わっていくので、
病院などで数値を測ってもらい、より妊娠しやすい
状態に持って行きましょう。

 

**まとめ**

 

葉酸を飲むと妊娠するわけではないが、胎児の先天性異常リスクのため、
妊娠をする予定があれば、飲んでおいたほうがいいです。

 

妊娠しやすい体質は、栄養バランスのとれた生活にもあるので、
葉酸のサプリなどを取り入れるといいです。

 

また、男性にも亜鉛やビタミンEといった栄養をとって、
普段以上の力をだしてもらい、上手く妊娠出来る体質を夫婦で作っていきましょう。

 

妊娠体質を作る!天然の葉酸サプリはコチラヘ