サプリメントの無添加の意味とは?添加物は必ず入っている!?

サプリメントに無添加とよく書かれていますが、
本当の意味をご存知でしょうか。

 

無添加というのは「添加物が一切入っていない」という意味ではありません。

 

サプリメントには、錠剤にするための添加物、腐らないようにする保存料、
ニオイをつけたり・消したりする香料、などが入っているのです。

 

サプリメントは、添加物なしでは作れないのです。

 

では「無添加」とはどういう意味かといいますと、
無添加は厚労省が指定の添加物が入っていないという意味なんです。

 

厚労省では、体に有害がある可能性がある添加物のリストがあり、
原材料がリストに載っていなければ無添加、ということができます。

 

↓例として、AFC葉酸サプリの原材料の表示です
afc葉酸 添加物

 

ですので、無添加というと、添加物が一切使われていないわけではないんですね。

 

化粧品等の場合も同じで、無添加といっても、保存料などはつかないと
腐ってしまうため、厚労省のリストに載っていない代わりの材料をよく使っています。

 

サプリも同様で、無添加といいたいために、色々な原材料を使っていることがあります。
ですので、サプリメントの原材料はしっかりとチェックする必要があります。

 

添加物が、安全かどうかチェックするには、病院などで処方される
比較的安全な薬の添加物などと比較するといいです。

 

サプリメントに使われている添加物とは?

 

サプリメントは添加物がないと作れません。
実際にどのような添加物が使われているのか、ご紹介します。

 

妊娠中に飲む目的の葉酸サプリは、危険性がある添加物は入っていることは
比較的少なくなってきていますが、注意は必要です。

 

添加物は、危険性がグレーなものもあり、危険性が指摘されている
添加物は、妊娠中は控えたほうがよいですね。

 

葉酸のサプリでは、葉酸を取るのに必要のない、
着色料・香料・甘味料が使われてないサプリがよいです。

 

また、天然の添加物も危険なものがあるので、
天然だからと言って安心しないよう注意が必要です。

 

添加物の種類 目的 主な原材料名
賦形剤(ふけいざい)、

凝固剤

サプリメントを固めるために使用される セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ソルビトール、アカシア、レシチン、アルギン酸 ・・など
コーティング剤 光沢を出すため ミツロウ、カルナウバロウ、シェラック・・など
保存料(防腐剤) 日持ちするため・腐らないようにするため ビタミンE、安息香酸ナトリウム
増粘剤 複数の原材料をまとめて固めるために使用される 脂肪酸、酸化マグネシウム、二酸化ケイ素、アラビアガム
着色料 色をつけるために使用される 黄4、黄5、赤102、赤3、青1、青2、・・など
香料 香りを付けるために使用される オレンジ香料など
甘味料 甘みをつけるために使用される 砂糖、ソルビトール、キシリトール、ステビア抽出物、アスパルテーム・・など

 

赤文字は、妊娠中は控えたほうが良いと思われるもの。