天然とオーガニックの葉酸の違いは?妊娠して飲むサプリはどれ

天然とオーガニックの葉酸サプリの違いをご存知ですか?

 

天然 オーガニック 野菜

 

オーガニックとは有機栽培のことで、日本の有機栽培の基準ですと、
2年以上一定の農場で、厚労省指定の有機肥料、
JAS指定の農薬を使って作った農作物
のことです。

 

天然と書かれている葉酸は、特に記載がない限り、
一般栽培と言われる、化学肥料・化学合成の農薬を使って作った農作物です。

 

天然の葉酸と書かれているのは、実際にどのような
肥料を使ったかどうかは分からないので、
原材料がよいか、悪いかの判断は、生産者によります。

 

農法 肥料 農薬の種類
一般栽培 化学肥料または、天然肥料 化学合成、または天然物を加工した農薬
オーガニック・有機栽培

有機肥料
(動植物から作られた肥料、堆肥など)

なし、または、有機肥料JAS認定31種類の農薬
自然栽培 なし なし

 

有機栽培といっても、”無農薬”ではないので、注意が必要です。
ですが、できるだけ農薬を使わないため、一般栽培よりは安全とはいえます。

 

また、通常、有機栽培をした農産物は、有機JASマークを付けることが出来ますが、
サプリメントの場合、加工しているため、有機でも有機JASマークを付けるのは困難です。

 

↓有機JASマーク
有機JAS マーク

 

ただ、オーガニックや有機といった言葉を食品に付けることは、法律で禁じられているので、
オーガニックを作っているメーカーさんを信頼することになります。

 

ちなみに、アメリカでは、USDA(アメリカ農産省)の「オーガニック」マークがついていれば、
サプリでも、有機栽培の葉酸であることが、第三者機関で認定されている証明になります。

 

↓アメリカの有機認定マーク
アメリカ USDA オーガニック認定

 

結局、天然とオーガニックの葉酸はどちらがいいの?

 

葉酸のサプリを選ぶには、天然かオーガニックか?を選ぶとしたら、
信頼できるメーカーなら、オーガニックを選ぶのがよいです。

 

一般栽培された農作物には、化学合成した有機リン系農薬という化学農薬が、
神経の病気につながるリスクが高いとされています。

 

そのため、出来る限りは、オーガニック栽培の葉酸を取ることを推奨します。

 

ただ、サプリには、野菜などの食品以外にもサプリを固めるための
添加物を使用しているので、問題ない原材料かどうかチェックが必要です。

 

特に、添加物は、合成甘味料や、合成着色料、合成香料など、
余計な成分が入っていないことが大事です。

 

さらに、生産工場も国の基準をクリアした、GMP基準(日本)や、FDA基準(アメリカ)の
認定工場で生産されていることが最低条件です。

 

最後に重要な点として「続けられるか」という点です。

 

葉酸は、妊娠初期だけでなく、産後は、血液から作られる母乳への影響も
あるため、飲み続けていただきたい栄養素です。

 

コストや、飲みやすさなどを含め、続けられるサプリを選んで頂きたいです。

 

それらを総合的に見て、葉酸サプリを選んで頂きたいです。

 

>>有機オーガニック葉酸サプリのオススメはこちら

 

>>天然の葉酸サプリのオススメはこちら